集合住宅

賃貸マンションを探すなら候補となるエリアを絞って探す

多様なニーズに対応できる

男の人

家賃の高騰傾向

東京都練馬区は区内の大半が住宅地となっている地域です。練馬区の賃貸マンションの家賃の相場は、2020年に向けての湾岸地域を中心とした、地価の高騰傾向の影響を受けていています。そのため、湾岸地域ほどの割合ではないものの、ここ数年は常に高騰傾向を示しています。そのため、不動産物件の売買市場ほどではないものの、練馬区内の賃貸相場も近年は高騰傾向にあるのです。中でも注意が必要なのが、今後建てられる新築の賃貸マンションの家賃です。というのも、地価の高騰と同様に首都圏の不動産事情は、2020年に向けて資材も要員も不足しているため、資材費と人件費が共に高騰しているのです。その結果として、今後建てられる建物には、こうした資材費と人件費の高騰分の影響も、反映されることが見込まれます。なので、より割高な家賃額となる可能性が高いことに注意をしておく必要があるのです。

豊富な選択肢

練馬区内の特徴として、区内を複数の私鉄と地下鉄といった鉄道網が走っていることが挙げられます。中でも地下鉄の始発駅である光が丘駅や、区役所の最寄り駅である練馬駅の周辺は大規模な商業地域があります。さらに、中高層の賃貸マンションや分譲マンション、商業ビルなどが建ち並んでいる地域です。しかし、こうした一部の商業地域を除けば、区内の大半が第1種低層住居専用地域となっています。一戸建てを中心に集合住宅があっても、木造のアパートか低層マンションしかない、という落ち着いた住環境になっています。こういった環境であるため、練馬区内の賃貸マンションは、単身者向けのワンルームの物件からファミリー向けの物件まで、多様な間取りの物件が満遍なく存在しています。建物の形態に関しても、高層マンションの物件もあれば、低層マンションの物件もある、といった具合に豊富な選択肢が存在している点が特徴です。

Copyright© 2016 賃貸マンションを探すなら候補となるエリアを絞って探す All Rights Reserved.